« 客観性のあるセールス | Main | 人という資源も輸入する中国 »

2005.01.24

団塊の国家 その名は中国

  「タイヤが足りない」とかいう新聞記事を読んでいて、ほよーんと頭に浮かんだ言葉。

  巨大な人口が通り過ぎるときの社会の軋みは、いわゆる「団塊の世代」を髣髴とさせる。資源の逼迫だけでなく、今後も様々な現象に姿を変えて立ち現れてくることだろう。また、通り過ぎた後にもたくさんの課題を残していくに違いない。それは、いま現在の日本の社会資本の歪みを見ればわかるとおりだ。

  というわけで、題名だけは出来たので、だれか本を書いて。(笑)

|

« 客観性のあるセールス | Main | 人という資源も輸入する中国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 団塊の国家 その名は中国:

« 客観性のあるセールス | Main | 人という資源も輸入する中国 »