« カンフーハッスル | Main | 穏やかな快晴の元旦 »

2005.01.01

実践の年

あけましておめでとうございます。

  昨年は、災害の多い年だった。国内の震災や台風被害はもとより、年末のインド洋大津波には、謙虚に人間の小ささを思わざるを得ない。今年はどうか自然がおだやかでありますように。

  さて、このブログの昨年後半のテーマは、主に「生産性」と「適用範囲」だったように思う。コンピュータの発達に伴って強く意識されはじめた「仕事の合理性・生産性」を様々な時事ネタに当てはめて考える一方で、それら狭義の合理性は必ず「適用範囲」を持っており、それをはずれた場面ではかえって合理性を失う、あるいは、合理性より優先する価値観が浮上する場合があるというモノゴトの枠組みを、繰り返し検証することが多かった。少なくとも、自分の意識の中ではそうだったと思う。

  今年はこの2つ、「生産性」と「適用範囲」を、仕事で実践していく年になるだろう。困難や障害も当然あるだろうけれど、めげずにたゆまず前進したい。と同時に、ブログで能書きを書くことも、可能な限り続けたい。

  本年もよい年でありますように。

|

« カンフーハッスル | Main | 穏やかな快晴の元旦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実践の年:

« カンフーハッスル | Main | 穏やかな快晴の元旦 »