« 犬の逝き方 | Main | ハウルは観ない »

2004.11.19

社会保険庁の監修料着服の話し

  日経本紙の社会面。「監修料、社保庁組織的プールの疑惑」。
  わずかな監修料のことで揚げ足をとられるのは、さぞ無念だろうとは思います。しかし、「体育会系というか軍隊のような組織」で「上が命じれば白でも黒と言う」ことが文化になっているとすれば、やはり改めていただきたいところです。

  それはそれとして、中堅職員さんや庁内調査チームからそんな話しが漏れてくるというのは、軍隊のような組織と言われているにしては緩いというか、むしろ親しみすら感じてしまいました。個人の年金支払い状況が簡単に漏れるあたり、本当は、適度に緩い組織なのかもしれません。

  おかしなことをすればすぐ世間に知れる。それはむしろ、いいことだと思います。ある程度間が抜けているということは、生きていく上で必要なことだと思います。あとはきちんと直すところを直してまともな年金制度を作ってもらうだけなのですから。

  私はこれを、10%くらい皮肉、15%くらい冗談、75%くらいまじめに、書いています。重要な意思決定を除けば、組織というのはあまりかっちりしていない方が、個人への抑圧が働きにくくて、総合的には良い結果を生みやすい、と私は思うので。
 
 
  ところで、こちらはもう年金のことは忘れてしまったのでしょうか。このところ読んでいないので、よくわからないのですが。

|

« 犬の逝き方 | Main | ハウルは観ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/2003363

Listed below are links to weblogs that reference 社会保険庁の監修料着服の話し:

» 一般常識もない社会保険庁 [店長の日記(BLOG) - おっちゃんさんの日記 - 神戸のグルメな焼き鳥 とり梅]
「電話にはすぐ出ましょう」社保庁がマナー3か条策定 ○「呼び出し音(ベル)が鳴ったら、すぐに電話に出ましょう」 ○「出るときは、所属名と自分の名前を名乗... [Read More]

Tracked on 2004.12.03 at 03:57 PM

« 犬の逝き方 | Main | ハウルは観ない »