« 広告コンテンツの新しい在りかた | Main | 社会保険庁の監修料着服の話し »

2004.11.18

犬の逝き方

犬の死・人の死
いい逝きかたでよかったですね。お別れを告げに来るなんて、なんだか泣かせる犬です。
因みに私はどう見ても猫タイプ。

それにしても、死に方まで犬や猫に教わらなければならないとは。
 
 
で止めておけば、しんみりしていい感じなのですが、また余計な一言。

人は死ぬものだということを、もう少し日常の中であたりまえに意識したいと思っています。特に、高齢社会という言葉を使うときなど。うっかりすると、人は当分の間は死なないかのような近視眼的な考え方に陥りそうで、危ない。

死ぬことって、そんなに忌み嫌うようなことなのかなあ。悲しいことではあるけど。
と、過激と受け止められかねないことをぽそっと言ってみるテスト。

|

« 広告コンテンツの新しい在りかた | Main | 社会保険庁の監修料着服の話し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/1994403

Listed below are links to weblogs that reference 犬の逝き方:

« 広告コンテンツの新しい在りかた | Main | 社会保険庁の監修料着服の話し »