« 雑記041101 | Main | お役人が語るピンとこない怖さ »

2004.11.02

個人情報利用 線引きの難しさ

日経本紙「個人情報利用で違反」。
  「総務省の携帯電話用の電波割り当て案は新規参入を妨害している」との抗議を求めるメールを会員に送信したことについて、総務省がソフトバンクBBと日本テレコムに対して顧客の個人情報の取り扱い方の是正を求める行政指導をしたそうです。

  総務省の電波行政についての意見はとりあえず置いて、この小競り合いは、実は個人情報利用の線引きの難しさを示していると思います。

  一見すると、そんなメールを会員に送りつけるとは怪しからん、と受け取れなくもありません。しかし、これが地震や台風の被害にあった人への義援金を募る呼びかけだったら、どうでしょうか。

  総務省がもし、「通信環境の提供だけの目的で個人情報を取得しているのなら、その目的に関係のない余計な呼びかけをしないように」との基準に基づいて行政指導をしたのであれば、行政に対する抗議だけでなく、義援金の呼びかけもしてはならないことになりかねません。
  それどころか話しはむしろ逆です。ソフトバンクが、携帯に参入して顧客により安価な通信環境を提供するというはっきりした目的を持っている以上、件のメールは、ソフトバンクが顧客情報を取得した目的に見事に沿っている、とさえ言えてしまうかもしれません。

  個人情報利用目的の書き方については、「悪しきプライバシーポリシー慣習の蔓延が肝心なときにダメにする」にあるように、目的をできるだけ絞るというのが、本来の在り方ではあると思います。しかしそんなに簡単に的を絞れるか、実際には難しいように思います。

それは、善行も悪行もしてはならない、と言うのに等しいのですから。
そして、善悪の判断基準は人によりけりなのですから。

|

« 雑記041101 | Main | お役人が語るピンとこない怖さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは、はじめまして。

私はY!BBユーザじゃないので分からないのですが、
多くのプロバイダは、希望する会員向けにメールマガジンを
発行していますよね。
義捐金の呼びかけなどは、メールマガジンを使えば問題ないのでは、
と思いました。

今回問題にされてたのは、会員全員に送られたという事ですよね?
(違ったらすみません…)
メールマガジンは、一応「希望者に配信」なので…

Posted by: ちー | 2004.11.02 at 10:46 AM

そうですねぇ。。。。
希望して会員になったという点では、プロバイダもメルマガも同じと言えてしまう気がします。希望にそぐわなくなったら退会できる点でもやはり同じです。
Yahooが「会員により安くてよい通信環境を提供する」目的を持っているとすれば、Yahooが、会員全員に対して、新サービスとしての携帯接続について自社の取り組みを紹介して支持を訴えることが、さほど目的から逸脱しているように見えない点に、私は引っ掛かっているみたいです。

Posted by: hski | 2004.11.02 at 08:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/1841972

Listed below are links to weblogs that reference 個人情報利用 線引きの難しさ:

« 雑記041101 | Main | お役人が語るピンとこない怖さ »