« ampmで傘を取られた | Main | 諸星大二郎がえ(ry »

2004.10.07

人は己の想像力の虜囚

情報からの逃避行動

私の場合は,誰かAさんが誰かBさんを評して,事実に基づかないあれこれを言っているときに,似たようなことを考えます。
Aさんに限らず,人は,自分の想像の範囲でしかものを考えることはできないと思います。

だから,他人について事実がわからないときは,どうしても,自分に想像できるようなこと,そして,無意識に自分ならやりそうなことを,他人であるBさんに当てはめて考えてしまうのではないか。

そうだとすれば,これは結構こわいことです。何気なく人様について話したことが,はからずも,自分の内面や想像力の限界-それを器と呼んでもいいと思いますが-を暴露してしまうことになるからです。

そう思って自戒することが多い,器の小さい私です。

そう思って,口にする前に思ったことを,自分の今をこっそり知り,乗り越える手掛かりにしている,お気楽な私です。(笑)

|

« ampmで傘を取られた | Main | 諸星大二郎がえ(ry »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人は己の想像力の虜囚:

« ampmで傘を取られた | Main | 諸星大二郎がえ(ry »