« 首都高回数券の廃止で想う事 | Main | ドルが安くなるらしい »

2004.10.28

新しいことを創造をするには

Macromediaはいかにしてインターネットに対応したか
  今日の梅田さんのコラムは、マクロメディアの話し。あんまりいい話が詰まっているので、つまらない自説を書くのはやめて、引用だけ。

コロンブスの卵な話し

後から振り返れば簡単なことでも、変化と同時代的にシンクロして新しい創造を行うのは、なかなか難しいことだ。こういう言葉を読むときに、常に現在の自分の問題に置き換えて考えると、その難しさがわかるはずだ。
選択と集中とリスクの話し
新カテゴリーを創出する場合、何事も「小さく」しか始まらないし、そのためには、時代遅れになりそうな「大きなもの」を止めなければならない。しかし未来は不確実である。さてどうする? というところが、5-10年先の「勝負の分かれ目」となる。
立ち向かうためのリソースは限られている話し
詰め込むべき機能のアイデアに対して、テクノロジストのJon Gayがただひちすら「ノー」と言い続けたことがカギだったという話。

|

« 首都高回数券の廃止で想う事 | Main | ドルが安くなるらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/1792808

Listed below are links to weblogs that reference 新しいことを創造をするには:

« 首都高回数券の廃止で想う事 | Main | ドルが安くなるらしい »