« ブログで個人で儲けること | Main | SNSを素直に喜ぶ »

2004.10.17

イチローへのインタビュー

NHKスペシャルでやっていた。ということで語録を。

「落ちたところがよかった、詰まったあたりでラッキーだった、というけれど、わざと詰まらせることもある。それは言うとまずいのかもしれないが、自分としてはそうだ。」
たしかに、狙って落としたり転がしたりしているようにも見える。野球のバッティングというよりテニスのショットに似てる。
「自分のミスで凡打になったものには可能性がある。そこをなんとかする。」
いま打てないものを何とかするより、まず打てるはずのものを確実にヒットにする。遠くの目標よりまず近く。

昨年まで苦手にしていた投手を今年は打ち込んだことについて。

「他のバッターに投げるのと違うボール投げてるんじゃないか。ボールが語りかけてくる。「打ってみろ」。こちらも簡単にはやられない。」
いいライバルを見つけたみたい。

最後に

「細かいことを積み重ねることでしか頂上には行けない。」
黙って頷くしかないな。苦手だけど。

これからのことについて。

「この記録は、目標にできるようなものではない。いま野球をやめられたらほんとに楽だとは思う。」
それはそうだろうな。イチロー自身でさえ二度と届かないかもしれない。

でも、イチローの中には、まだし足りないことがあるらしい。

「でも、野球がうまくなりたい。まだ。」

その上手くなった状態は、記録には現れない、あるいは傍目にはわからないかもしれないが、自分にはわかる、と言う。
イチローやっぱりすごいわ。そこまで惚れ込んで打ち込めるものがあるなんて。

これもある種の「あがりがない」生きかたか。

|

« ブログで個人で儲けること | Main | SNSを素直に喜ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イチローへのインタビュー:

« ブログで個人で儲けること | Main | SNSを素直に喜ぶ »