« 音楽DLは無料? | Main | スーパーのスケールメリット »

2004.10.15

「あがりがない」と「目指せない」

パラサイト社会のゆくえ データで読み解く日本の家族
記事の中で面白いことばを2つ発見。
ひとつは、「あがりのない社会」ということば。
もうひとつは、次の一節の中の「目指せない」ということば。

メディアで取り上げられる成功者たちも、

・元からお金持ちの家系にうまれた人たち
・極めて少数の天賦の才能のある人たち
・世渡り上手でうまくやった人たち

のようなタイプが多い気がする。これでは目指せない。

このあと記事では、

国内にあがりを求めず、国際社会でのあがりを示すのが正解のような気がする
としたり、はたまた、結婚は”なりゆき”だから、ソーシャルネットワークやバーテンダーシステムやらで”なりゆき”を人工的に作り出して少子化対策しよう、という話しに飛んだり、ダイナミックでたいへん面白い。男に少子化対策を語らせると出てきそうな、いかにもなひとつの例だと思う。

  話の筋を戻す。
  「あがりがない」ことは悪いイメージで捉えられがちだけれど、私はこの言葉を前向きに捉えたいと思う。人生という捉えどころのない大きなものに、下手な目標はつくらない方が、なんだかうまくいくような気がしているのだ。もちろん、短い距離のマイルストーンは在ってもいいのだが。
  たまさか成功者と呼ばれるようになった人は、もちろんそれとは違うことを言う。けれど、騙されてはいけない(笑)。その人たちはまさに2つめの言葉「目指せない」人たちなのだから。そんな「目指せない」人の言うことなど、ましてや作り話かもしれない話しなど、信じ込んで悩んでどうする(笑)。

  「あがりがない」も「目指せない」もともに「方向を見失って漂流する」状態を捉えた言葉だと思う。そう考えると、この2つの言葉が否定的に捉えられる理由はわかる。漂流している状態は人を不安にさせるから。そして不安こそは最大の頭痛の種だから。
  でもそんなに「あがりがない」のは不安だろうか。脳味噌の襞を広げてよくお日様にあてて考えてみる。。。。わからない。「グイン・サーガ」のマリウス君を見なさい、というくらい。

私自身は能天気に生きているので、のーぷろぶれむっ なんだが。いまのところは。

|

« 音楽DLは無料? | Main | スーパーのスケールメリット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

流れに身を任せて何処へ行くのかを楽しむのがいいですね。

Posted by: hasenka | 2004.10.15 07:15 AM

少し過激なことを書きました。
十人が十人、高みを目指して登れというプレッシャーは、高ストレス社会のひとつの原因だと思います。選択肢は在っていいはず。

Posted by: hski | 2004.10.17 07:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あがりがない」と「目指せない」:

« 音楽DLは無料? | Main | スーパーのスケールメリット »