« 遊休宅地のコンテナ倉庫 | Main | 新潟の地震 »

2004.10.23

2046

  映画自体はあまり面白くはなかった。もう少し正直に言うと、退屈だった。途中3回ほどあくびと伸びをしてしまったほどだ。

  しかし、映画に没入する必要がなかったおかげで、かえって中国の今をいろいろと空想することができた。その意味で、閑散とした映画館の暗がりの2時間は無意味ではなかった。

  新聞等で垣間見るかぎり、中国の沿海部は高度成長のまっただなかにあるかに見える。かつて日本も通ってきた道だ。その過程ではずいぶんいろいろなものが置き去りにされて、滅んでいくのだろう。日本では、それは田舎の美しい風景や風習であったり、細やかな人の心であったりしたかもしれない。私はそれらを、たぶん一度は持ちかけて、しかし置き去りにしてきたものだから、今となってはよくわからない。

  中国という国では、その置き去りにされるものは、一体何だろうか。彼の国のことをまるで知ずに言うのは間違うおそれが大きいが、あるいは日本人が失ったものとまた異なるのではないか。

  この映画が描く中年男・・月初めには友人を集めてご馳走する金を持ちながら、月末にはほぼ無一文。女遊びや宴会を楽しみながらも、醒めた目を失わない。自分がいつの間にか恋してしまった相手が日本人サラリーマンと結婚する仲立ちをしてやるような、優しく寂しい男。
  それは、中国が、激しい経済成長の中で、失っていくかもしれないものの、ひとつの象徴であると空想してみることはできないか。

  そう考えると、爆発的な経済成長を既に終えた国の人間として、木村拓哉が短時間でも登場することには、意味があると思える。先にいった国の人間を見ながら、自分達はどうすべきか、同じ道を追いかけるのか、それとも別の道を発見するのか。中国の人たちは考え続けているに違いない。

  この2046という映画をどう観るかは、前編にあたるらしい「花様年華」を観た人、木村拓哉の追っかけの人、未来SF風映像に期待しながらの人、それぞれに違うだろう。

  私の観かたは、少し風変わりだったかもしれない。

|

« 遊休宅地のコンテナ倉庫 | Main | 新潟の地震 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2046:

« 遊休宅地のコンテナ倉庫 | Main | 新潟の地震 »