« Winの更新で憂鬱 | Main | 首都高回数券の廃止で想う事 »

2004.10.26

雑記041026


マスコミ界の専門紙「文化通信」に貸与権交渉決裂の記事が掲載された。
後でよく読まねば。


我々は歴史学者になる必要があるのだろうか。

自分もまた、やっていたかもしれない
その感覚、私もよく持ちます。
  人間は社会的な動物である限り、環境に左右されずにはおれないものだから。ネットに繋ぐ利点とウイルスに感染する危険が同居するような、というか。コインの裏表という感じ。


「責任転嫁の見本」としての緊急声明」怒っています。

法曹の養成には、時間と費用がかかります。そして、国家なり社会なりが法曹の養成に向けられる資源にも、個々人が法曹となるために向けられる資源にも限りがあります。したがって、需要を大きく超えて法曹を新たに輩出しても、それは社会にとっても個人にとっても大いなる無駄となります。
その理由も尤も。


草の根の国際ニュースメディア - Wikinews
これはあとでチェックせねば。



やっぱり昼休みの30分だけでは無理がある。

|

« Winの更新で憂鬱 | Main | 首都高回数券の廃止で想う事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記041026:

« Winの更新で憂鬱 | Main | 首都高回数券の廃止で想う事 »