« 人間は単なるコストではないこと | Main | 都会で広がる貸し自転車 »

2004.09.14

SNSはやっぱりクラブ?

  SNSはやはりクラブ的な方向へ行くのかな。
  「GREE NIGHT 2.0を批判するよ」や「GREE Night 2.0 入り口のところで引き返す」を読むと、なんとなくそういう気がしてくる。参加してもいないのにわかったようなことを言うのは、慎重にしたいところではありますが。

  もっとも、10万人と言われる会員のうち、リアルに集まったのはほんの一部だろうから、「GREE NIGHT」というよりは、「GREEの中のある特定のグループが集まったNIGHT」と見ればすんなり納得もいく。これをもってSNSはだめぽ的に考えることもない。

  あ、ここのロマンスグレーな方が書いた

私たちのように、それなりの年齢になってしまうと、相手の会社や帰属する組織、そしてそのタイトルを中心に相手を判断してしまうのですが、GREEや他のソーシャル・ネットワーク・サービスが提供している人と人の繋がりは、年齢や性別、帰属する組織、職種、職位といったものに関係ない人間同士の本来のコミュニケーションのあり方を提供してくれるのではないかと思います。
の部分は、「相手の会社や帰属する組織、そしてそのタイトルを中心に相手を判断してしまう」ことを促す仕組みをGREEが内蔵している以上、リップサービスと受け止めるのが妥当。自らマイコンフリークだったというこの人が、知らないとは思えないし。

|

« 人間は単なるコストではないこと | Main | 都会で広がる貸し自転車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/1429188

Listed below are links to weblogs that reference SNSはやっぱりクラブ?:

« 人間は単なるコストではないこと | Main | 都会で広がる貸し自転車 »