« 人間は単なるコストではないこと | Main | 都会で広がる貸し自転車 »

2004.09.14

SNSはやっぱりクラブ?

  SNSはやはりクラブ的な方向へ行くのかな。
  「GREE NIGHT 2.0を批判するよ」や「GREE Night 2.0 入り口のところで引き返す」を読むと、なんとなくそういう気がしてくる。参加してもいないのにわかったようなことを言うのは、慎重にしたいところではありますが。

  もっとも、10万人と言われる会員のうち、リアルに集まったのはほんの一部だろうから、「GREE NIGHT」というよりは、「GREEの中のある特定のグループが集まったNIGHT」と見ればすんなり納得もいく。これをもってSNSはだめぽ的に考えることもない。

  あ、ここのロマンスグレーな方が書いた

私たちのように、それなりの年齢になってしまうと、相手の会社や帰属する組織、そしてそのタイトルを中心に相手を判断してしまうのですが、GREEや他のソーシャル・ネットワーク・サービスが提供している人と人の繋がりは、年齢や性別、帰属する組織、職種、職位といったものに関係ない人間同士の本来のコミュニケーションのあり方を提供してくれるのではないかと思います。
の部分は、「相手の会社や帰属する組織、そしてそのタイトルを中心に相手を判断してしまう」ことを促す仕組みをGREEが内蔵している以上、リップサービスと受け止めるのが妥当。自らマイコンフリークだったというこの人が、知らないとは思えないし。

|

« 人間は単なるコストではないこと | Main | 都会で広がる貸し自転車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SNSはやっぱりクラブ?:

« 人間は単なるコストではないこと | Main | 都会で広がる貸し自転車 »