« 新聞に限らない生産性向上の行方 | Main | 価値の見方 »

2004.09.09

萌えビエンナーレ

  「「萌え」は少子高齢化する?」を読んで。

  ヴェネチアビエンナーレの日本のテーマが「萌え」だと聞いたときは、「大丈夫か磯崎新」、とか思ったものだったけど、どうなるんでしょ。今日からですか。。。

  google様に聞いてみると、「顔から火が出るほど恥ずかしい」とか、いろいろ言われているようです。外国の人にこれをどう説明できるのか、その場面に直面する可能性がある人は、ヲタクと現代日本について論考を重ねておく必要があるかもしれませんね(笑)。
なにしろこのポスターですから。
これが「独立行政法人 国際交流基金」のサイトに堂々と掲載されておるわけですから(汗)。
だけでなくヴェネチアの街角を飾ってしまうわけですから(汗汗)。

塩野七生さんがちくりと何か言わないかなあ。


冒頭の記事の中で最も衝撃をうけたのが、この部分。

20xx年

ある真夏日のこと、、、

東京駅・浜松駅に集う白髪の団体。その中には
ちらほらとシルバーパスを持つ老人の姿も・・・。

乗り込むバスは無論、「東京ビックサイト」行き!

#その頃には実用を兼ねたパワードスーツ系の
#コスプレが大流行?

ああ、何か新しい世界へのトビラが開かれつつあるのだろうか。どきどき(笑)。

|

« 新聞に限らない生産性向上の行方 | Main | 価値の見方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 萌えビエンナーレ:

« 新聞に限らない生産性向上の行方 | Main | 価値の見方 »