« また野球ストの話し | Main | 占いの暴力には占いの暴力をもって。 »

2004.09.23

まだ野球の話し

  やっぱり自分は視野が狭いな、と思う。

  球団を持つことのデメリットについて、日経産業に指摘があったそうだ。ある有料メルマガ経由で知る。

  ひとつの球団を持つということは、その球団のファン以外の顧客を遠ざけるリスクがあるという話し。記事では90年代前半に松下が球団買収を断った例を取り上げて、市場シェアが高い大企業が、ひとつの球団に肩入れすることの難しさを指摘しているそうだ。
  確かに、地域の鉄道会社や百貨店なら、顧客の居住地域が重なってメリットが大きかっただろう。一方、松下のような全国区の企業が手を出しづらいのも頷ける。

  その点で、いま名乗りを上げているIT企業は、果たして球団経営に向いているのだろうか。いまはまだ、企業規模も小さいから、発展の礎としてはいいのかもしれないが、ある程度大きくなれば、球団を持つことのデメリットに直面するかもしれない。Yahooに迫るほどのシェアを持てばどうなるか。たぶん、適当なところで手を引くことになるのだろう。

  プロ野球機構は、その構図を睨んで、オーナー企業がその発展にあわせてスムーズに入れ替わっていける仕組みを、この機会に整えておくのがよさそうだ。
  野球という強力なコンテンツを上手に使って、オーナー企業は大きくなってください。その過程で、野球ビジネス界にもお金を落としてください。大きく成長した暁にはスムーズに撤退なさるのがよろしいですね。新しいオーナー探しは機構がお手伝いします。
  これなら、プロ野球機構という組織の意味もわかりやすい。

|

« また野球ストの話し | Main | 占いの暴力には占いの暴力をもって。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference まだ野球の話し:

« また野球ストの話し | Main | 占いの暴力には占いの暴力をもって。 »