« 房総半島の夜。と昼 | Main | 雑記040907 »

2004.09.07

郵政改革の本筋

  昨日の話になってしまいますが、日経本紙の社説に極めてまともなことが書いてあったので、増幅するために書きます。

  記事では、郵政改革の本筋は、特別会計の入り口をなくすことであり、郵便貯金と簡易保険を廃止することが、改革の真の目的だとしています。国家予算の数倍にも上るお金が、国会の議論を経ずに使われていることをやめさせるのが、真の目的だ、ということをきちんと指摘しています。

  この、2つの巨大国営金融機関の廃止という重大な目的に比べれば、郵便事業はどうでもよいと言えます。最近、郵便事業のユニバーサルサービスや雇用問題などが、目くらましとして取り上げられますが、真の目的から目を逸らそうとする姑息な手に過ぎません。ユニバーサルサービスなら民間事業者に委託する話しができるはずですし、雇用をどうしても優先したいのなら、官業のままで一般会計から賄ってもらえばよい。税の形で資金を出す国民がお金の使い方を国会を通じてチェックできる一般会計で行うのが、官業としての筋です。
  日経の社説では、郵便事業民営化を、2金融機関廃止を軟着陸させる手段と位置づけています。それもひとつの考えだと思います。

  記事は、郵政三事業の完全分離と政府関与の廃止、民間との公平な競争条件の整備を訴えて結んでいます。まったくもってそのとおりだと思います。

|

« 房総半島の夜。と昼 | Main | 雑記040907 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 郵政改革の本筋:

« 房総半島の夜。と昼 | Main | 雑記040907 »