« 野球スト打つそうです。 | Main | 野球スト騒ぎの落としどころ »

2004.09.18

墓の掃除

  休むと言っても、週末くらいはいいか。

  少し早いけれど、墓の掃除に行ってきた。夏暑かったせいか、雑草が盛大に生えて賑やかだったけれど、血も涙も無く刈り取って元の砂漠に返してきた。玉砂利でも敷けばいいのだろうが、それも手を抜いているような気がして土のままだ。それに土だと、土俵を掃き清めるような遊びができてちょっと楽しいのだ(笑)。

  それにしても雑草の根の深さよ。深度によって張り巡らされている根の種類が違う。10cmくらいまでは、毛のような細かい根が中心で、小振りの鎌でも十分対処できるのだが、今日はそこまでで終わらずに、少し深くまで鎌の刃先を入れて掘り返してみたのだった。
  引っかかってきたのは、径が1cmくらいある、茎のような根だ。20cmほどの地中を水平に伸びている。これもまあ、刈れるところまでは刈った。怖いことにさらにその下があるようだが、次回、もっと大きな鎌を持っていくまでおあずけだ。

  こうして年に何回か、無心に墓掃除をしていると、死ぬということが別段、特別なこととは思えなくなってくる。あっち側にいくだけのことだなあと。確かに不可逆なプロセスではあるけれど、世の中の出来事なんてたいていは不可逆だ。いまさら気に病んでも仕方がない。

  歳をくってくると、そんな当たり前のことに、徐々に目が開けていくなあ。もっといろいろ見えるようになりたいものだ。


  枯れ始めてるだけ? そうかもね(笑)。

|

« 野球スト打つそうです。 | Main | 野球スト騒ぎの落としどころ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 墓の掃除:

« 野球スト打つそうです。 | Main | 野球スト騒ぎの落としどころ »