« ついに携帯定額無制限インターネットか? | Main | 五輪サッカー決勝 »

2004.08.28

日本とドイツの言葉と環境

  日本人とドイツ人の思考方法を比較した面白い文章がありました。「Jungle Walk

  日本語からドイツ語への翻訳で突きあたった困難に端を発して、話しは言語構造と思考方法の違いに発展します。日本人はジャングルを歩くように文脈依存で思考する。ドイツ人は木構造で論理的に思考する。そしてその違いは、論理的に考える訓練の有無だとしています。ドイツの生活環境と言語は、その訓練を、使う人に強制するようです。

  確かに、日本人建築家といわれる人たちの文章は、日本語で読んでも、わけがわからないものが多いと思っていました。読むほうの頭が悪いのかとずっと思っていましたが、そうではないらしいとわかって少し安心しました(笑)。

  そう書くと、論理的に考えるのが、文脈依存で考えるより高級だという話に進みがちですが、Komさんは、この2つに優劣はないとしています。むしろ、訓練の有無なのだと。それは私にとっては新しい発見です。

日本のジャングル文章もまた、魅力的で開かれた可能性だ。それはそれで素晴らしい。否定することはない。論理的であること、論理的に文章を書く、というのは思考の問題ではなく、たんなるテクニックの問題なのだ、と私は思っている。
  いつも短い時間でいいかげんな文章を書き散らしていて、少し気がとがめてはいたのですが、訓練で論理的に書けるようになるのなら、まだ希望はある、ということでしょうか。
  少し意識して書くようにしてみようかな。

|

« ついに携帯定額無制限インターネットか? | Main | 五輪サッカー決勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本とドイツの言葉と環境:

« ついに携帯定額無制限インターネットか? | Main | 五輪サッカー決勝 »