« 石油・ドル本位制のゆらぎ | Main | 道路公団の赤字の理由 »

2004.08.02

ディープ・ブルー

  毎月1日は映画が1000円で見られる、という嬉しい日です。というわけで、1日でなかったら見なかったであろう「ディープ・ブルー」観ました。以下はネタバレです。

  私はNHKの自然関係の番組が好きでよく観るのですが、この映画も、似たような感じで癒されます。とくにこの暑さの中での海の映像は、涼しくてGOOD。
  この種の映像は、音楽も大切ですが、ベルリンフィルを使っているそうで、これもいい。ほとんどの映像は、どこかで見たことがあるようなものですが、こうして音楽とシンクロさせて、最小限のナレーションだけで90分間流すと、別の作品にみえてきます。

  というわけで、水族館はちょっと遠いというときには、こんな映画もいいかもしれません。

|

« 石油・ドル本位制のゆらぎ | Main | 道路公団の赤字の理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ディープ・ブルー:

« 石油・ドル本位制のゆらぎ | Main | 道路公団の赤字の理由 »