« 電子貨幣はやっぱり完全匿名がいい | Main | 華氏911 »

2004.08.21

セリの衰退

  卸売り市場で、セリによる取引が減って、相対取引が増えているそうです。日経本紙の記事「卸売り市場ルネサンス」から。
  B2Bのマーケットプレイスは、取引が競合他社に丸見えになるのが嫌がられて、成功事例が少なかったと聞きました。それは致し方ないのかもしれません。
  株式市場のように、投資家を保護するという明確なコンセプトがあれば別ですが、「小売店を保護する」などという哲学はいまやどこにもないのですから。
  それとも、中小の小売店を保護するという哲学を持つべきでしょうか。多様性を守るために? どこでも扱えるようなマス商品については、その必要はないだろうとは思います。中小事業者はどこの世界でも、ニッチを牙城とすべき、ということで。

|

« 電子貨幣はやっぱり完全匿名がいい | Main | 華氏911 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セリの衰退:

« 電子貨幣はやっぱり完全匿名がいい | Main | 華氏911 »