« ディープ・ブルー | Main | まだら模様の地価 »

2004.08.02

道路公団の赤字の理由

  NHKスペシャルで、道路公団の借金がこんなに増えた理由を調べて放送していた。それによると、不採算道路をやたらに作らないように高速道路をつくる路線を法律で決めたにも関わらず、別の仕組み「一般有料道路」という方法を使って作ったらしい。それが30兆円の借金の約半分。

  ほかにも、実施計画書に、本来かかる費用よりも4割近く少ない金額しか載せなかったり(それって「粉飾」とは違うのかな)、しかも当時の第7代公団総裁はその事実を認めたばかりか、やむを得ない手段だとか、メリットをもっと強調すればよかったなどと主張している。

  土地バブルがはじけた後にも関わらず、静岡県内のある用地買収実績は、隣の土地での県の買収価格25,000円に対して55,000円と倍以上なんて話も出てきた。それくらいではもう驚かないが。

  法律で決めたことを破るわけにいかないから、別の方法で、結果として法律が防ごうとしたことをやってしまう。そういうことを役所や準役所が平然とやってしまうのは、納得がいかない。何のための法律なのか。
 
 
  ところで、似たような別の話が、他にもなければいいのだが。
  例えば、日銀と国債の関係はどうなっているのだろう。法律ではたしか、日銀が直接国債を買わないようになっていたのだっけ。。
まさか抜け道を使って実質的に日銀が国債を大量に買ったりしてないだろうな。もしそんなことがあったら、道路の30兆円なんてかわいいものに思えてくる。

|

« ディープ・ブルー | Main | まだら模様の地価 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

hskiさん

昨日のNHKの道路公団の話、僕も観ました。ひどい話です。

ところで、日銀の国債引受について最後述べられていますが、ちょっとこの話は別物の気がします。道路公団のカラ実施計画書は明らかな間違いですが、日銀の国債の直接引受けは、現在は禁止されていますが、それが望ましいか望ましくないかは議論されるべきことだと思うからです。もちろん実施には法律の改正が必要ですが。

日銀の国債の直接引受けを禁止している理由は、日銀は国債を購入するのに、お金を刷ればいいので、直接引受けを許すと財務省の方がいくらでも国債を発行できると考えて、財政の規律がなくなること、結果、日銀はそのお金を刷り続け、マネーサプライが増大してインフレが生じることが問題で、禁止されています。国債は、少なくとも一度、市中銀行での適切な評価を受けなければならないというのがこの制度の主要な目的と考えられます。

しかし、現在ではデフレからやっと脱却したばかりでインフレの心配をすべきときではないから、このような制度的禁止の意味は小さいという議論もあります。

日銀が裏で直接引受けをしているかどうかは分かりません。というより、財務省、日銀、市中銀行のあいだで暗黙に了解が取れれば、直接引受けと同じことが起こるのは容易だと思います。

重要なことは、日銀は非常に特殊な組織で、何かを買うのにお金に困ることはないのです。自分でお金を刷ればいいのですから。その量が間違ったものであれば、インフレになったりして国民に負担を負わせることになります。

僕の印象だと、日銀は財務省(かつての大蔵省)の言いなりになってお金を刷って失敗した経験が何度かあり、結果として、自分でインフレ退治をしなければならなかったという苦い経験から、直接引受けにはかなり消極的だと思います。別の見方もあると思いますが。

それよりも、日銀の銀行から株式を購入していることの方が問題かもしれません。日銀のバランスシートがリスクを負うという事態は、これまでよく考えられておらず、何が起こるか、まだよく分かっていないからです。

長いコメントになってしまって、本当にすみません。基軸通貨の新しいエントリも読ませていただいています。hskiさんの疑問に答えられそうにはないのですが、僕もblogに何か書こうかと考えているところです。

Posted by: netwind | 2004.08.02 at 11:50 AM

  国債を買わないように法律で決めているのはそれなりの理由があるからと思います。それを事実上無意味にしてしまうような動きは、多くの人の目によるチェックを逃れ、一部の人間の考えだけでことを運ぼうというもので、好ましくはありません。結果がよければまだしも、とんでもない方向に向かっている可能性も高いのですから。
  その点で、道路の借金が、法律による規制を形骸化することで膨れ上がった過程は、示唆に富んでいると思います。国債で、同じようなことが起きていなければいいのですが。

Posted by: hski | 2004.08.02 at 10:28 PM

>高速道路をつくる路線を法律で決めたにも関わらず、別の仕組み「一般有料道路」という方法を使って作ったらしい
名神や東名以外、東北自動車道や関越自動車道その他は本来全て高速道路では無いのですね。

Posted by: noel | 2004.08.04 at 10:50 PM

  TVでは、法律で決められた路線の図を出していましたが、日本列島を縦断する背骨の部分は概ねその図にあったようです。東北自動車道や関越自動車道が入っていなかったかどうかまでは、瞬間には見て取れませんでしたが。。

Posted by: hski | 2004.08.05 at 01:10 AM

いえいえ道路の名前に反応しただけです。東名高速と言うのに他は自動車道。当時は高速と名乗るとスピードを出す奴が現れるということでそのような名前になったと認識していたのですが、そういう裏があったのですね。

Posted by: noel | 2004.08.05 at 01:13 PM

うーん。東北自動車道や関越自動車道が、法律で建設することが決められた高速道路だったのかどうか、少し検索しただけではわかりませんでした。道路公団のサイトで検索しても、似たような状況です。
  こういうときは、ネット検索のノイズの多さを感じてしまいます。

Posted by: hski | 2004.08.05 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/1101631

Listed below are links to weblogs that reference 道路公団の赤字の理由:

» 金融政策について。 [NetWind]
hskiさんのところに、長文のコメントをした後に、これでは誤解を招くかもしれないと思って考えてしまい、エントリに加えることにした。金融政策というのは、結構面倒な... [Read More]

Tracked on 2004.08.02 at 07:05 PM

« ディープ・ブルー | Main | まだら模様の地価 »