« 今日は埋草 | Main | 石油・ドル本位制のゆらぎ »

2004.08.01

ぼくセザール

  ネタバレです。というか、横浜ですでに公開されたわけだから、書いてもいいのかな。
 
 
  つまらない日常とか初めての冒険とか、いろいろ詰まってましたが、観ていてちょっと退屈な気がしたのは、子どものココロを失っている証拠か(笑)。

  解説などを読んだりすると、「子どもの視点で見る」ことが強調されていたけど、私はむしろ、登場する大人たちを他人の目(子どもの目ではない)で見て、自分は子どもにどう接しているかなと、反省してみたりした。グロリアおばさんみたいな人、実際に居るかな? みんな仕事に忙しくて、子どもどころじゃない、のではない?

  景気が回復しているのかどうかよく知らないけど、この10年、暇だった間に見たり考えたりした仕事以外のあれこれを、もっと進めてみて、仕事一本槍じゃない世の中をつくってみてもいいのじゃないか。

  エピローグのハッピーな感じに私はそれを読み取ったですよ。
  監督の娘さんがセザール君の憧れの人役だったり(ちょーかわいい!)、同じく伯父さんがセザール君のおじいちゃん役だったり(若過ぎ)、映画をつくる人たちの楽しみ方も、それをよく語ってると思った。
 
 
 
  ところで、小難しい話は置くとして、セザール君。そんなに迷いも無く1人の女の子に決めてしまっていいのか。私が君くらいの歳の頃は、確か5人はいたはずだが(笑)。
え? それ優柔不断って言うの? 。。失礼しました。

|

« 今日は埋草 | Main | 石油・ドル本位制のゆらぎ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぼくセザール:

« 今日は埋草 | Main | 石油・ドル本位制のゆらぎ »