« 鯖 | Main | ライブドアはキラーコンテンツが欲しい »

2004.07.06

広告の一部としての音楽

  音楽コンテンツを、広告・販促の一部と割り切ってしまえば、複製について悩まずに済むという考え。「アンチ「M・ムーア」による違法ファイル交換」の部分から。

  その場合、音楽製作者、レコード会社、消費者の三者は利害を共有できる。これと利害が反するのは、著作権を保護する行為そのものを収益とする、JASRAC等の著作権保護団体。
  そのことが上の記事の主旨ではないし、また、以前からあるアイデアかもしれないけれど、それでも、利害の構図について、短いがはっきり言及している。

|

« 鯖 | Main | ライブドアはキラーコンテンツが欲しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/909984

Listed below are links to weblogs that reference 広告の一部としての音楽:

« 鯖 | Main | ライブドアはキラーコンテンツが欲しい »