« IPv6時代の実名/匿名の共存方式 | Main | 広告の一部としての音楽 »

2004.07.05

鯖が安い。旬なのかな。

先週は特に安くて、30cmくらいのが100円。
1尾買って、見よう見まねで適当におろした。
はじめて背中からおろしたが、腹からやるよりうまくいった。

焼き網にのせて塩して焼いたら、美味。

頭と内臓はビニール袋に入れてしっかり口を縛った。
それを3重に繰り返したのだが。。
日当たりが良いせいか、2日も経つと、やっぱり臭いがすごい。

先日、映画館でもらった香があるのを思い出して、焚いてみた。

花の匂いといっしょに、鯖のくさみも消えていった。


・・・・・・
思いついて「鯖」で検索してみると。
google:1ページ目はサーバーの話だけ。
yahoo:1ページ目は鯖江市の話がほとんど。

魚の鯖はどこへ行った(笑)。

|

« IPv6時代の実名/匿名の共存方式 | Main | 広告の一部としての音楽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/903901

Listed below are links to weblogs that reference :

« IPv6時代の実名/匿名の共存方式 | Main | 広告の一部としての音楽 »