« 差異 | Main | 書籍販売額やや増加 »

2004.07.26

東アジアでも出生率低下

  今朝の日経本紙に、アジアでの出生率急低下の話が載ってました。韓国・香港・台湾・シンガポールで、日本を下回っているのだそうです。どこも人口の少ない国なので、日本とはまた少し違う様相も出てくるかもしれません。また、記事に指摘がありましたが、年金制度の違いなども大きいようです。

  それにしても、この話、いまさらですが、今後の世界の大きな問題になっていく予感がします。先週、ここの記事で私ははっとさせられて恥ずかしい限りですが、いろいろな考え方が摺り合わされないまま放置されているようで、これからホットなテーマになりそうです。正義だとか倫理とか、奇麗事では解決しそうにないと思うと、少し憂鬱。いや、少しわくわく(笑)。

|

« 差異 | Main | 書籍販売額やや増加 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/1052558

Listed below are links to weblogs that reference 東アジアでも出生率低下:

» 結婚と少子化対策 [負け犬の人脈と金脈]
日経新聞記事によると 韓国、香港、台湾、シンガポールの出生率が日本を下回った。 経済成長率の高い地域ばかりなのでさびしい数字になるのだと思うけど、なかなかイン... [Read More]

Tracked on 2004.07.29 at 12:23 AM

« 差異 | Main | 書籍販売額やや増加 »