« チャーター機も1円入札 | Main | シュレック2 »

2004.07.18

キング・アーサー

  もちろんネタバレなので注意してください。

  期待とは違うものを見た気がします。一応、アーサー王伝説のアウトライン程度の予備知識を詰め込んで出かけたのですが、むしろアーサー王とは無関係に、紀元400年頃のブリテン島のある土豪のお話と割り切って見る方がいいかもしれません。実際、冒頭のナレーションで、あらかじめそう取れる断り書きをいれています。

  そう見た上で改めて、映画としてはどうかというと、普通、というところでしょうか。歩兵・騎兵入り乱れての戦闘シーンは、いまでは珍しくないどころかやや食傷気味ですし、人物の内面も十分描けていたとは言い難いと思います。

  いい点を上げるとすれば、英国の俳優さん達の抑え目な演技かな。あれを見ると、ハリウッドの俳優さん達の演技(と演出)が、すごいオーバーアクションに見えてきます。アーサーと騎士達の控えめな演技には親しみを感じました。

  まとめると、「アーサー」の名前を使うのは、ちょっともったいなかったかもしれません。

|

« チャーター機も1円入札 | Main | シュレック2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/995778

Listed below are links to weblogs that reference キング・アーサー:

» やっぱり「キングアーサーは7人の侍」 [BigBan]
渋谷で鑑賞。ほとんど人は入っていなかった。 これって絶対そうだよな、と思って 「 [Read More]

Tracked on 2004.08.09 at 01:56 AM

« チャーター機も1円入札 | Main | シュレック2 »