« メーカー直販の隠れた意味 | Main | 天国の本屋 恋火 »

2004.06.05

佐世保の話

  佐世保の悲しい事件の話は、どうにも発言しにくい。ネットの掲示板がきっかけだという事実はあるようだけれど、言うまでも無くこの事件とネットとの関わりは薄い。

  薄っぺらさは自覚しつつ、抽象的なことをあえて書く。
  常識とは何であるかを、人は常に互いに教えあっているべきだ、というだけのことだと思う。それはコミュニケーションを通じて形成され、微調整され続けながら、おおまかに共有されているものだ。刃物を人に向けてはいけないのは、常識だ。

  北沢かえるさんのところに、それがよくわかる記事がある。

  もし、この小学生が、その常識を十分知りながら、あえて破ったのであれば、それは大人の犯罪だ。そのときは、情報が放流(ここから借用)されてしまうネット絡みの問題として、また書くことがあるかもしれない。
  たぶんそうはならないと思う。

|

« メーカー直販の隠れた意味 | Main | 天国の本屋 恋火 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/713549

Listed below are links to weblogs that reference 佐世保の話:

« メーカー直販の隠れた意味 | Main | 天国の本屋 恋火 »