« 専門家集団のオープン化 | Main | ジオ・キャッシング »

2004.06.19

ハリー・ポッター(映画)

  エクスペクト・パトロナーム!
  というわけで、一作ごとに面白くなっていくようです。第1作目を見たときは、そんなに面白いかな?という感想でしたが。。。

  この「アズガバンの囚人」で特によかったのは、魔法の力の源が、「楽しい思い出を想う大きさ」だったりするところ。それなら、選ばれた才能でなくても、できるかもしれない。と、愛読者の子供たちに思わせて、ファンをがっちりつかみます。ついでに教育効果も抜群。(笑)

  完全な勧善懲悪でないところもGood。どのようにかは、ネタバレなので言えませんが。アメリカ映画なら、こうはしない。イギリス人の原作だからでしょうか。

  細かいところは、多少端折っている感じで、原作を読んでいない私には、少し展開が速いところもありますが、十分楽しめました。

|

« 専門家集団のオープン化 | Main | ジオ・キャッシング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/800225

Listed below are links to weblogs that reference ハリー・ポッター(映画):

« 専門家集団のオープン化 | Main | ジオ・キャッシング »