« 佐世保の話 | Main | 尾瀬ヶ原にクマ出現 »

2004.06.05

天国の本屋 恋火

切なくさわやかに泣けます。

主演の竹内結子の一人二役の演技が、映画の比重の半分くらい。
あとの半分はお話と松任谷夫妻の音楽かな。
年配脇役陣のさりげないけれど引き締まった演技もGood。

舞台は地方の小都市という設定だと思うけれど、登場人物のメンタリティはむしろ都市のそれなんだろうか。
ああいう、ほどよくしっとりした気持ちのありようが似合うまちをつくりたいものだなあ。
それって二律背反?

|

« 佐世保の話 | Main | 尾瀬ヶ原にクマ出現 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/715443

Listed below are links to weblogs that reference 天国の本屋 恋火:

« 佐世保の話 | Main | 尾瀬ヶ原にクマ出現 »