« 小ネタをいくつか | Main | ブルーな実験 »

2004.06.25

変なIT化

  近所の公共図書館で、困惑する体験をした。
  最近の時流にもれず、この図書館も情報の電子化が進んでおり、蔵書の検索や予約ができる情報端末が館内に置かれている。さっそく貸出カードをつくり、借りたい本を検索して予約した。

  さて、その本が返却されて順番待ちの私が借りられるかどうかを、自宅からネット経由で確かめようとしたが、パスワードが通らない。館内の端末からは通ったので、ネット経由のパスワード受付けモジュールと認証サーバとの間のどこかが不具合なのかと思って、日を改めて図書館へ出向き、窓口で聞いてみた。すると女性の係員は、聞いてはならないことを私が聞いたかのように、ものすごい剣幕で(突然の豹変。こういうときの女は怖いヨ。)インターネットは別に申し込め、と言う。
  私は、かなりの時間、意味が理解できなかった。「えーっと。。でも館内からはアクセスできたんですけど。。」

  よくよく聞いてみると、館内端末経由とネット経由とでは、違うパスワードが必要、ということらしい。そういうものなの?
  顧客管理から考えて、同じ貸出カードなのだから、アクセス経路によらず1顧客に1パスワードは当然、という先入観が自分の中にあって、数十秒間、事態を飲み込めなかったのだった。

  IT化といっても、いろいろな事情や経緯を引きずっているのだなあということが、なんとなく想像できて、ちょっと溜息が出た。

こんなところにも、高コスト構造の温存が。

[追記]2004.06.26
ああ、そうか。館内向け認証サーバとネット向けは、負荷の関係で別系統。で、その同期をとるには余計な予算がかかるから、システム化せずに人力で、ということかな。
全部をネット対応を基本に作り変えて、館内端末はその一部、というのがすっきりするけど、それはオオゴトだ。

あんまり顧客志向じゃないけれど、少なくとも高コストうんぬんの認識は間違いでした。
一晩寝ないと気付かないところが、やっぱりアレだなあ。

|

« 小ネタをいくつか | Main | ブルーな実験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/836872

Listed below are links to weblogs that reference 変なIT化:

« 小ネタをいくつか | Main | ブルーな実験 »