« そもそもパワーがない話 | Main | レコード輸入(制限)権はいったん成立か »

2004.05.26

国産EDLPの動き

  日経本紙の記事「イオン専用大手ブランド」によると、国内スーパーの2割近い販売シェアを持つイオングループが、グループ向け専用商品を、メーカーブランドで販売していくことになるらしい。価格は競合商品の2割安程度とか。
  西友を買収したウォルマートとあわせて、EDLPを目指す巨大スーパーの競争が激しくなっていくようだ。

  さらにICタグの導入が今後5年くらいのうちに実現して人件費削減に繋がるとすれば、日用品の価格はますます下がるのだろう。デフレは終わったとか言われているそうだが、本当だろうか。
  もっとも、同日の別記事によればパートにも残業手当を認めようとの動きなど、人件費増の要因もあるから、なんとも言えないのだろうけれど。

  こうして、富の分配は微調整されていくということか。


[追記]もちろん、国債と地方債の残高をみれば円の将来は明らか、という説はあるにしても。

|

« そもそもパワーがない話 | Main | レコード輸入(制限)権はいったん成立か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/657808

Listed below are links to weblogs that reference 国産EDLPの動き:

« そもそもパワーがない話 | Main | レコード輸入(制限)権はいったん成立か »