« 自衛隊撤退の賛否 | Main | 携帯で拡大鏡 »

2004.04.10

イラクで気になる点

  昨日、自衛隊撤退の可否は、イラクの内戦の可能性だけに左右されるべき、と書いた。その後気になる点が2つあることに気付いた。ひとつは、この誘拐は自衛隊を撤退させないための罠だとしたら?という疑念。もうひとつは、現地の治安状況に関する報道が、あまり伝わってこないことについての不安。

  イラクという国がひとつにまとまるためには、何か共通の目的が必要だ。それを例えば民主主義とか自由と言ってみるのは崇高で好ましくはあるけれど、それよりは「反米」と言ったほうが今は有効なのではないか。イラクの人たちは、ひょっとしてその方向でまとまりつつあるのだろうか。

  もしそうだとすれば、とても危険なことだ。反米で一本化という構図の中では、人道支援を掲げてどう言い繕ったところで自衛隊は米国側と見做されるだろう。その構図のまま、もし騒乱から内戦状態にまで発展するほど状況が悪くなれば、援けるつもりの当のイラクの人たちから、敵と見做されることになる。そうなれば、自衛隊は撤退すべきだ。
そこまでは、たぶん当事者の想定の範囲だろう。

  しかしそこに、この誘拐事件が起き、理由に拘らず自衛隊は引くに引けない状況になっている。そのタイミングが良すぎるので、罠ではないかと疑念を持ったわけだ。

  もちろん考え過ぎかもしれない。けれども、実際におかしな構図になっているとすれば、危険の度合いは変わらない。そこで現地の状況-騒乱から内戦になる可能性-が大切なポイントになってくるわけだが、その情報はマスコミからはあまり伝わってこない。

  センセーショナリズムが理由で、現地の状況より邦人誘拐関連を優先させているのであれば、仕方がないとは思う。けれどもし、判断材料を隠すことで自衛隊撤退議論を封じ込めようとの意図があるとしたらどうか。それを考えて不安を覚えたわけだ。

  どうも暇だとつまらない妄想ばかり逞しくなってしまう。自分の仕事をするのが一番なのだが。。それがわからなくなっている。
  いい天気の週末になりそうだし、どこかへ出かけて気持ちを切り替えてみよう。。

|

« 自衛隊撤退の賛否 | Main | 携帯で拡大鏡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イラクで気になる点:

« 自衛隊撤退の賛否 | Main | 携帯で拡大鏡 »