« 漏洩は続く | Main | blogの使い方 »

2004.03.26

「顔が見える」blogでの謝罪

  アッカの個人情報漏洩の件で、Niftyの古河社長がさっそくBlogで謝罪しています。すばやい。

  この謝罪文は、従来のユーザ宛メール一斉配信とは、少し性質が異なります。ココログトップページから直リンクしている公的なものである一方、社長の私的なblogでもあるのです。
  そのため、厳密な調査の後に、書式を整え1回で済ませるべく送信される公的なお詫びメールとは違って、まずはお詫びするという大きな方針と今後の対応予定を、簡潔迅速に利用者に伝えることができます。その伝わり方も、直接一斉にではなく、blog繋がりを介して「伝播」するという感じで、微妙に私的な親近感を与えます。「顔が見える」顧客対応の好例だと思います。

  メール配信やホームページ掲載文のような、完全に公的なチャンネルでは、情報を五月雨式に刻々と利用者に伝えるやり方はとりづらいものです。blogという新しいメディアがあって、それがやっと違和感なくできるようになったのだと思います。blogというものの位置づけを鮮やかに見せてくれた、古河社長の記事、「一本」でした。

|

« 漏洩は続く | Main | blogの使い方 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「顔が見える」blogでの謝罪:

« 漏洩は続く | Main | blogの使い方 »