« FLET's.NET | Main | RSSリーダとblog »

2004.03.03

FLET's.NETその2

FLET's.NETの続き。NTT東としては、どんな戦略があるだろう。

▼FLET's.NETをインターネットに直結する。(IXに直結)
独占禁止法を盾に、既存のプロバイダが抵抗するだろうから、できないだろう。もし実現したら、今の接続プロバイダは、サーバ提供と料金回収業になるのだろうか。。

▼FLET's.NET内で、実質的な使えるサービスを充実させる。
FLET'sのシェアはかなり高いはずだから、サービスが充実して、使い勝手をうまくアピールできれば、利用者は増えるかもしれない。
今のところ、ファイル共有、転送、ビデオチャットだが、例えば、IMをフリーソフトとして提供するなどがあってもいい。普及すれば、既存のプロバイダによるメールサービスを空洞化させるかもしれない。

インターネットの偉大さは、みんなが同じプロトコルを使うことで、世界中のだれとでも繋がれることだ。一時大成功したAOLが、今はそうでもないのは、この点でインターネットに劣っていたからだった。
FLET's.NETがAOLの愚を冒さず、i-modeのようにネットとの親和性を高めておけば、国内のネット接続はいずれFLET'sだけで十分ということも、想像できなくはない。既存のプロバイダがv4との共存で四苦八苦している間に、後発のFLET'sはv6だけのネットワークをやすやすと普及させることができるから、あながち荒唐無稽とも言えないのではないか。
黙って辛抱しつつ黙々と利用者を増やすNTT東(西)。プロバイダにとっては実は怖い存在かも。

|

« FLET's.NET | Main | RSSリーダとblog »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/256492

Listed below are links to weblogs that reference FLET's.NETその2:

« FLET's.NET | Main | RSSリーダとblog »