« 映画よもやま | Main | スーパー店頭のICチップ »

2004.02.28

ブログ利用者急増

  「ブログ」サービスサイトへの利用者が急増との由。
  ネットレイティングスがblogの利用状況の公表をはじめた。それによれば、今年1月時点でのblog利用者数は、はてなが200万人、ココログが59万人。ここで言う「利用者数」はblog開設者と閲覧者の合計ということなので、実際の開設者はもっと少ないのだろうが、そうは言っても、サイトアクセスに従った広告モデルを展開する事業者にとっては、blogは気になる存在に違いない。
  ISPのような、接続事業者にとってはどうだろうか。接続事業にとっては、自社サーバの利用者は少ないほうが、設備投資負担が少なくてよいとする考えが基本だ。それだけで考えると、アクセスが集まるblogサーバの提供は、あまり嬉しくはないのかもしれない。
  しかし、blogサービスを先行して展開する利点は、いくつかあるように思える。
  ひとつには、blogは掲示板と違って、相互リンクやアグリゲータへのリンクが活発に行われるので、一旦開設したら簡単には移転できない点があげられる。獲得した利用者の定着にblogが大きな効果があるとすれば、先に会員を獲得した方が、はるかに有利に違いない。
  ふたつめは、集まった会員から、次のビジネスのヒントが数多く得られ、先行して利用者の囲い込みが望める点だ。ココログのサービスをTYPEPADと比べると、故意に機能を制限していると思える点がいくつかある。それも含めて、利用者から届く要望に注意深く耳を傾けていれば、ビジネスの種はたくさん見つかるに違いない。その中に、有料サービスとしても提供可能なものが見つかれば、他社より早く展開することができるだろう。他社が後追いする頃には、blogの会員定着効果により、有効な参入障壁ができているかもしれない。

  2点目のネットサービスの有料化は、今後特に注目したいところだ。blogはサービス有料化の端緒となるかもしれない。そして、blogの会員定着効果を考えあわせると、有料サービス会員の獲得に関して、blogサービスで先行する事業者が、大きなアドバンテージを握る可能性があるのではないか。

|

« 映画よもやま | Main | スーパー店頭のICチップ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブログ利用者急増:

« 映画よもやま | Main | スーパー店頭のICチップ »