« シニア・マーケティング | Main | ブログ利用者急増 »

2004.02.26

映画よもやま

  川崎のシネコン戦争のおかげで、いつも贔屓にしているチネチッタのポイントが、レイトショーや前売りでも付くようになっていた。以前は、正規の1800円のチケット以外ではポイントが貰えなかったのだ。ほとんどレイトショーでしか見ないので、サービス変更のおかげで、ポイントカードが俄然有意義になった。ありがたいことだ。これでますますTOHOシネマズとは差がつくな。
  TOHOシネマズは、チネチッタよりも立地は多少有利ななずだが、プログラムがチネとほとんど同じで、サービスは悪い(気がする)。客の入りを見ても、チネチッタの熱気とはかなりの差があるように感じる。

  運営側もそう思ったか、先週から、プログラムに工夫が見られる。チネチッタで懸けていないものを、上映しているのだ。昨日はそのうちのひとつ、「ヘブン・アンド・アース」を見た。
  中井貴一が遣唐使役で、しかしなぜかゴビ砂漠を舞台に馬賊と戦うという内容。中国製の映画なので、中国の有名俳優が中心なのは致し方ないが、倭国人が登場する設定といい、中井の起用といい、日本向けに売ろうとの意図が見える。お話はB級すぎて、中井には気の毒な感じがした。渡辺謙と比べてなおさらの感がある。
  とはいえ、TOHOの試行錯誤は評価できるので、今後もいろいろ試してみてほしい。

  と思っていたら今日、その中井貴一に、田園調布駅でばったり会った。あの駅には、こっぱずかしいデザインのゲートがあるが、そこの階段を上っていたら、階段の上に、ジモティ風の年配のご婦人と話をしている、体格のいい男がいた。なんだか見たことがあるなあと思ったら、中井本人。昨日、映画の中で見たばかりなので、何の違和感もなく、通り過ぎた。しまった。「いよっ遣唐使っ」とでも言えばよかったか。(笑)
  おばあさんとの会話は、ごく普通の世間話だったようだ。俳優さんだって普通の生活をしてるんだよなあ、と変なところに気がいった。

|

« シニア・マーケティング | Main | ブログ利用者急増 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/236256

Listed below are links to weblogs that reference 映画よもやま:

« シニア・マーケティング | Main | ブログ利用者急増 »