« ヤフーBBから個人情報流出 | Main | 映画よもやま »

2004.02.25

シニア・マーケティング

  シニア・マーケティングのメルマガを購読し始めたら、ちょっとキーになりそうな言葉があったのでメモ。

シニアマーケティングのキーワードは、”快””心地よさ””癒し””明るい明日”です。”ハードボイルド”はシニア・マーケティングのキーワードではありません。
  この文章は、映画「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」の50歳代向け割引キャンペーンについて、原題の「Once Upon a Time in Mexico」が”心地よい響き”であるのに比べて、邦題が”聞くからに、コワァ~い感じ”であることを例に引いて、シニアの好みを指摘している。
  ご自身も60歳で、シニアの仲間である、メルマガ発行者の高嶋さんは、さらに「パリ・ルーブル美術館の秘密」「ヴァイブレータ」のようなマニアックな映画を見に来る大勢のアクティブ・シニアを取り上げ、
残虐な事件が頻発している今日の社会。再び、若者を戦場に向かわせている社会にあって、映像の中であっても、残虐なことは見たくないのです。

「シャル ウイ ダンス」「たそがれ清兵衛」が、シニアの熱烈な支持を得ました。我々は、役所広司に、真田広之に、”ありたい自分”を投影したのです。

「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」は、50歳代の支持は得られないでしょう。

としている。納得できる見方だが、言われるまでは考えてみもしなかった。自分とは異なる層の好みを正しく推測するのは難しい。
  やはり、なまじアクティブ・シニアの好みを探ろうとするよりも、それを網羅できるコミュニケーションの仕組みを提供して、好きにやってもらう方が、ビジネスとしては無難で堅実と言えそうだ。

|

« ヤフーBBから個人情報流出 | Main | 映画よもやま »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シニア・マーケティング:

« ヤフーBBから個人情報流出 | Main | 映画よもやま »