« 留学生締め出し | Main | 書籍・雑誌の貸与権 »

2004.02.22

ドッグ・ヴィル

  胸糞悪いとか苦痛だとかいう評価もあるこの映画。確かに、ちょっと長く感じる部分もあった。ハンディカメラの映像の手ぶれが効果的で、村人(を通して見える人間一般)の醜さや、ニコール・キッドマン演じるグレースの不安が強調される。でも、ちょっと眩暈がした。計算してやっているのだと思うのだが、映画館での大画面のブレは苦手。
  演劇のようなセットだけで話が進むので、まるでイソップの童話を読んでいるような気分だ。演劇と違うところは、映画らしいカメラワークがあることだろうか。
  ラストシーンでの車の中での会話が印象的だ。

  人の弱さを暴くことは傲慢か。。

|

« 留学生締め出し | Main | 書籍・雑誌の貸与権 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドッグ・ヴィル:

« 留学生締め出し | Main | 書籍・雑誌の貸与権 »