« インターネットはOS(=インフラ) | Main | 「リクルート」 »

2004.01.24

DeCSS訴訟取り下げ

RIAAも、この訴訟戦略は無理だとわかった、ということだろうか。
DVDクラッキングコード「DeCSS」公開を巡る訴訟が取り下げに
いうまでもなく、
ノルウェーのティーンエージャーDVDハッカーに無罪判決
が影響していることは間違いないだろう。もちろん、ツールの作成が合法だとしても、それを使って不正コピーすれば問題であることは変わりないのだが。

  結局この問題は、音楽配布の媒体がCDからネットに移行する過程での軋轢に過ぎないことがはっきりしてきたのではないか。完全に無料ですべての音楽が手に入るのはおかしいという考えに、異論はほぼあるまい。一方、現在のCDの値付けや収録曲目のあり方に対して利用者側に不満があることも知られている。だとすれば、利用者と著作者が折り合えるバランスポイントが見つかれば、問題は収束していくだろう。
  そのバランスポイントを見つける試みが活発になってきたというのが、23日の日経本紙の記事「『無料』退潮、『有料』に勢い」。記事によれば、(レコード業界自身の承認のもとで)合法的な有料配信サービスが続々立ち上がる一方、従来型のCD小売業の衰退は顕著だという。音楽配布の分野でも、ネットを使ったダウンサイジングが進行しているということだろう。

|

« インターネットはOS(=インフラ) | Main | 「リクルート」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DeCSS訴訟取り下げ:

« インターネットはOS(=インフラ) | Main | 「リクルート」 »