« あいまいの効用 | Main | 格安CD逆輸入2 »

2003.12.21

個人情報保護法施行前夜

今年の春可決された個人情報保護法が、来年4月から施行される。それ関係で、わかりやすい本を見つけたのでメモ。

「新法解説 個人情報保護法入門」 岡村久道 商事法務

▼OECDプライバシーガイドラインとの関係
▼セクトラル方式の法体系
公共と民間部門とに分けられた法体系。←→オムニバス方式
▼法の目的
「個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護すること」
個人の権利利益の保護。→範囲の広い定義。
個人情報の有用性との間で調整が行われるべきこと。
▼保護の対象
○個人情報:生存者の個人識別(可能)情報
○個人データ:個人情報データベース等を構成する個人情報
○保有個人データ:個人データのうち、取扱事業者がRW権限などを持つもの
○機微な個人情報
○プライバシーの権利の保護対象となる個人情報
▼基本理念
○利用目的にによる制限
○適正な取得
○正確性の確保
○安全性の確保
○透明性の確保
▼取扱事業者の義務
○適用除外:報道機関、著述業、研究機関、宗教・政治団体

などなど。
企業の具体的な対応方法も多数記述されていて、実際的。それにしても、委託先からの情報漏えいは、今後もなかなか無くならないだろうな。漏洩1件あたり、損害賠償金額が15,000円*として、たった1万件の漏洩で1億5千万円の賠償だ。どうしろ、と。。。
でも集団訴訟専門の弁護士には、おいしい話になるんだろうか(笑)。

* 宇治市住民基本台帳データ漏洩事件の判決より

|

« あいまいの効用 | Main | 格安CD逆輸入2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 個人情報保護法施行前夜:

« あいまいの効用 | Main | 格安CD逆輸入2 »