« 企画屋の反省2 | Main | 個人情報保護法施行前夜 »

2003.12.20

あいまいの効用

  ほぼ毎日読んでいるほぼ日のサイトに、毎週月曜日更新の、ダーリンコラムがある。
サイトオーナーの糸井重里氏が書いているコラムだ。12月15日のコラムは、私がアップした「企画屋の反省」に、少々繋がるところがあると思うので、メモしておく。

いまの時代、
さまざまな決定の場面では、決定を判断するための根拠が必要とされるし、決定までの手続きにまちがいがないことが求められる。
・・・中略・・・
世の中では、大事なことを決めるときに、「わからないこと」のないようにしたがる、ということだ。

あちこちの会議で、みんなが「わかること」を持ちよっていろんなことを決めるから、似たようなものばかりが世間に出回ることになる。


と、集団の意思決定が必然的に陥る傾向について書いた後、
「わかること」というのは、あらゆる結果には原因がある、という考えにつきる。ヒット商品が生まれたら、その理由を考えて、同じようなヒットを生み出せないものかと話し合う。
・・・中略・・・
なんだか、世の中、「機械のしくみを説明する」ように、なんでも「わかること」として説明できると思ってるようなのだ。

と、その必然が何に由来しているかについて触れている。それを氏は、
「ニュートン力学的な社会観」とでも言おうか、

とまとめている。
その上で、
しかし、「わからないこと」のほうが、ほんとうは多いんだよなぁ。わかっているつもりだったけれど、ほんとはわからないことであるとか、わからないことさえもわかっていなかったわからないこと、とか、そんなことのほうが、「社会の模型機械」なんかより、ずっと大きいものなのだ。
・・・中略・・・
ほんとうはそのほうが、有効なんじゃないかなぁ。

あいまいなことの方が圧倒的に多く、かつ、あいまいさが有効であると主張している。その上で、さらに話しを再度ひっくり返して、
ただ、ねぇ、他の企業を相手にした企画書に、「だいたいこんな感じです」なんてこと書いてあったら、
仕事の関係は成立しないんだろうなぁ。

現実の仕事における実情を書き、
「ほぼ日」が自前の方法だとか、イニシアティブを自分たちで持つことにこだわるのも、そんな理由があるからなんだよねぇ。

それに左右されずに、あいまいさを許容する方法で企画をリードし続けたいと結んでいる。

  イニシャチブを自分たちで持つ、とさらりと言えるところが、企画者としての経験と自信の表れか。見習いたいものだ。

|

« 企画屋の反省2 | Main | 個人情報保護法施行前夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あいまいの効用:

« 企画屋の反省2 | Main | 個人情報保護法施行前夜 »