2017.02.04

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

ティム・バートンと言うだけで見に行くワタクシです。
この人のは、はずしたかな?と思う作品も少なくないのですが、うまくいったときの奇妙さ加減が好きで。本作は、割とうまくいったと思います。

邦題はペレグリンさんと子供たちの2本柱ですが、スポットライトがあたるのは子供たちの方。ミス・ペレグリンの方は、子供たちの生活環境を護るいわばインフラです。

そのインフラが囚われ、機能しなくなり、援けを得られなくなった子供たちが、状況にどう立ち向かっていくかというあらすじです。

子供たちにはそれぞれ、普通の人間にはない特異な能力があるのですが、それを生かすために必要なのものは何か、ということを、主人公の少年を通して描いています。結構いいです。
薬味に使っているボーイミーツガールやタイムスリップや成長物語やらの加減も良くて。

お話もなかなかですが、それにも増してこの作品のいいところは、映像の不思議な色合いでしょうか。現実世界の鈍く沈んだ色と、ミス・ペレグリンが作り出している閉じた楽園の明るく鮮やかな色との対比。

そしてキャスト。お話のうえでは一歩下がった位置にあるミス・ペレグリンですが、女優の強烈な存在感が、このキャラクタの魅力を放射しています。ちょっとした演技のあれこれが、いいなあエヴァ・グリーン。思わせぶりをわざとやって、ちゃんと狙った効果を嫌味なく出している。

はじめは、主人公の少年を含め、子供たち全員を上から目線で見ていた嫌な女性だったのが、お話の終わりに、子供たちの成長を、ちょっと見直したような表情を見せるのですが、それをほんの短いカットだけで演っている。
いいなあ、映画を見ていていいなあと思うのは、こういうときです。

ちょっと贔屓目かもしれませんが。


「キングダム・オブ・ヘブン」と「300 帝国の逆襲」では堂々の主役級でしたが、ここでは、脇役でありながら、要所で作品を引き締めている。そんな風です。

ファンタジーが好きなら、見て損はなさそうです。

|

2017.01.29

「沈黙」

原作は昔読んだ気もするけどよく覚えていない。本作は理解しやすいし、キリスト教の信仰についての考え方も納得できる。そして、映画作品としてもよくできている。

カソリックが世俗宗教で、西洋が世界を侵略する際の情報機関の役も結果的に果たしたことについては、特に異論はないだろう。この物語に登場する若い司祭は、まさにその先兵の一人だ。

子どもの頃からカソリックの世界・体系の中にどっぷり浸かって成長したから、世の中にはいろいろな考え方があることが、当初は理解できない。また、キリスト教世界の秩序を重んじ広めることを信仰だと勘違いして、頑なに思い込んでいる。

それが、遠く東の果ての国、キリストの威光など通じない世界にやってきて、信仰とは実は自己の内面のことであって、言葉や儀式ではなく、日常の行いの中にあることがわかってくる。いわば、本物の信仰に目覚めるわけだ。

日本の為政者から見れば、当初の司祭の態度は、西洋世界の秩序を日本に持ち込み、日本の現時点の秩序である幕藩体制に公然と異を唱えかねない危険な存在と映る。普段は温和なイノウエサマが、「クリスチャニティを理解していない」という司祭の反論を聞いて激怒したのは、そこに権力にたてつく気概と、拠り所としてのキリスト教を感じ取ったからだろう。それこそが、幕府が根絶やしにしようとしたものなのだから。

司祭が、表向きキリスト教的な諸々を捨てて、ただ己の内面に信仰を見出す分にはかまわない。現世利益を捨てさえすれば、内面には干渉しない。そういう枠組みを、イノウエサマ、ひいては幕府の側は繰り返し提示する。司祭は最後に、その枠組みに落ち着くことになる。

考えてみると、カソリックというのは矛盾に満ちている。聖書には「カエサルのものはカエサルに」という賢者の言葉があったはずだが、それをすっかり無視している。「右の頬を打たれたれば・・」も同様だ。ローマの国教になった以上は必然といえばそうなのだが。

一方、イノウエサマの方も、司祭をころばせるために、本人ではなく本人が護ろうとする無力な人々を責め苛むのは、いまの感覚では言語道断の卑劣漢だが、まあそういう時代だったということなのだろう。先人の努力のおかげで、いまの我々がどんなに安楽な生き方ができているか、知るよすがにはなる。

スコセッシ監督は、一応キリスト教世界の人だから、世俗宗教の暗い部分もよく知っているのだろう。それに加えて、日本人についてもずいぶん正しく理解しているように見える。

かなり評価の高い作品としてよいと思う。

|

2017.01.28

「マグニフィセント・セブン」

もうね。キャストを見ただけで何も考えずに見に行くわけです。イーサン・ホーク入ってるし。

そして知るわけです。「七人の侍」を受け継ぐ物語の不滅の輝きを。

何が不滅かといえば、それは彼らの死にざまです。決して生きざまではありません。

正義とか仁義とか侠気とか、そういうものの片鱗は確かにあるでしょう。でも、それ自体が核心なのではありません。

そういう片鱗を抱えて、時代のリアルと折り合えずにはみ出してしまった者どもが、抗しがたいリアルに向き合って死に場所を求める。それこそがこの輝きを生み出すのです。勝手なことを言っています。

でも、正義の実現を求めた彼女は、そのあとすぐに言ったではありませんか。「そして復讐を」と。綺麗ごとではないのです。

ここは、七人の侍とは少し違うところかもしれません。集まった七人と村人との立ち位置は、「七人の侍」においては異なっていましたが、この「マグニフィセント・セブン」においては重なっています。それを知るには、お話のクライマックスまで待たねばなりません。

それがあったがゆえに、デンゼル・ワシントンには志村喬のような、事を成した後の苦い述懐がありません。かれはただ黙って感謝されつつ立ち去るのみです。

死にざまという点では、むしろほかの登場人物の方が、際立っていたわけです。特にイーサン・ホークがそこを受け持つのかと思っていたのですが、一番おいしいところを、にやけ男のクリス・プラットに持っていかれてしまいました。クリスは三船敏郎だったんですね。

ともあれ、たいへんな熱量で満足いたしました。

|

2017.01.21

「ザ・コンサルタント」

マッチョでヘンタイなイメージのベン・アフレックのはまり役。バットマンも似合ってたけど、この会計士はもっと似合います。

冴えない自営業者は世を忍ぶ仮の姿で、その正体は、悪党に鉄槌を下す容赦ない殺し屋。

なんてまあ、ウケそうな定型キャラなんでしょ。必殺仕置き人も真っ青です。
ただまあ、仕置き人のバックアップが時の権力者であるのに対して、この会計士は完全独立自営。しかも違法操業。当局はそれを突き止めながら黙認。このあたりの危うさが、お話の面白さと表裏一体です。

インテリジェンスを担う謎の声だけ女性については、最後に驚きの種明かしが待っている。素晴らしい。コンパクトで効果的。AIじゃありませんよ残念ながら。

この主人公にはしかし、何か正義があるわけではありません。彼が今回敵認定した相手は、単に、自分がちょっと惚れちゃったかもしれない女に危害を加えようとしたというものでしかない。そこいら辺に、この映画のそこはかとないヤンキー風味が感じられます。世のため人のためとかよりも、惚れた女のためにひと仕事、それが一番かっこいいという世界観。

自分の事業がどんなに世のため人のために役立っているかをまくしたてる黒幕を、特に反論もせずに面倒くさそうに一発で撃ち殺してしまうあたりの尖り具合にそれが表れていて、案外、それが今の最先端なのかもしれません。

伏線は全部回収してしまったようなので、続編が作れるのかわかりませんが、微妙さ加減が絶妙な面白キャラの活躍を、また見て見たい気もします。

|

2017.01.15

「イット・フォローズ」

これは・・・むやみに知らない人とナニすると怖い目にあうぞとティーンエイジャーを脅すための都市伝説なんじゃないでしょうか(⌒-⌒; ナニをすると他人に移せて、移すとゆっくりした足取りで真っすぐ追ってくる憑依霊って、性病の暗喩としか思えません。

結局、このモンスターの正体はわからず仕舞い。脅威ではあるけど恐怖という感じでもなく、撃退できたとも思えず。なんだったのでしょうねこの映画は。

一応、観ているうちに対処方法は思いついたから暇にあかせて書いておくと、なんでもいいから布でからめとって、行動できないようにガムテープか紐で縛り上げる。目には見えないけれど実体はあるのだから、まずは可視化することが肝要。そのあとは、警察でも科学者でも呼んで分析してもらえばよい。

昨年の見逃し映画ということで行ったけど、ちょっといまいちだった。

|

「MERU」

登山家のドキュメンタリー映画は、いつも清々しい。それは、彼らがいつも淡々と命を懸けているからだ。

その命懸けには、しかし無謀さは微塵もない。冷静に計画し、周到に準備し、怠らす技術を磨き、最高にコンディションを高めて、チャレンジする。だからこそ生き残って結果を出せる。

それでも、天運というものはあって、危険に近づく以上は命を落とす者もいる。そこに、技量の差はおそらくない。ただ運があるだけだ。

生き残った者は、なぜあのとき、自分が助かって、師が、友が、死んだのか、自責の念を背負うことになる。

この映画は、そういうことはおくびにも出さずに、しかし死者が遺した家族を引き受けて、なお、命懸けの偉業に挑み続ける男の姿がある。

鳥肌が立つほど清々しい。
しかも、映像が美しい。
俳優を使った作り物の作品にはない美しさがある。

あまり客が入っていないけれど、これも観る値打ちのある一本。

|

「TSUKIJI WONDERLAND」

魚食文化と、それを支える職人達を活写した、価値ある映画。豊洲への移転問題でもめにもめている築地だが、移るにせよ留まるにせよ、この文化は引き継いでほしいという気にさせる熱量がある。

ここに描かれる魚流通の終点となる高級料理店には、全く縁がないけれど、そういうフィッシュ&チップスしか知らない程度の私でも、心底そう思う。

その文化の魅力は、なかなか一言で言い表しがたいけれど、魚の生食を可能にする、人々の間の信頼の繋がりと、魚や料理や季節や調理方法の多様性は、筆頭に挙げられるだろうか。

流通のどの段階でも、客が求めるものを細かく把握して、季節ごとに最適なものを、情報とともに提供する機能は、中間流通が持つ付加価値の粋と言えるだろう。

規格品の流通であれば、中間流通というものは、中抜きすればするほど社会全体にとって利益がある。近代化というプロセスはそれをゆめ疑わずに押し進めてきたものでもあったろう。

しかし、そればかり見て育った我々は、ついには全てのものを規格化しなければ気が済まないという病に、取り憑かれていないだろうか。

同じ魚種でも、個々に顔も姿も脂の乗り具合も異なる魚たちを、きちんと見分けて値付けし、料理人の日々変化する要求に合わせて取引していく仲卸達を見ていると、人間まで試験と資格によって規格化しようとする近代社会と、その中で生きている自分に、自ずと疑問が湧いてくる。それが、この文化が引き継がれてほしいという願いに繋がっていく。

世界に唯一とまで言われるこの文化を失いたくない。そういう思いに駆られる一本でした。

|

2017.01.08

「ドクター・ストレンジ」

感想書くのすっかり忘れてた。

いや、面白いですよこれ。
スタートレックみたいにカンバーバッチを無駄遣いしていないし。

映像の奇抜さはまあインセプションでもちょっとあったけど、もっと徹底しているし。

不思議な映像の中でもとりわけ、悪の魔術師三人が、遠くのビルのてっぺんからこっちへ向かって飛び降りてくるシーンなんか、面白いです。アメコミならではだよなー。

どのSFでも、時間制御の能力は最強、てことが今回もまた示されました。いきなり最強でいいんかいと思わなくもないけど。

次はソー、ロキと一緒にオーディンを探すのも決まってるみたいだし、ロキにどれくらい騙されるか、見ものです。

|

「NERVE」

最初にインターネットが映画の材料になったのは「ユー・ガット・メール」あたりだろうか。その頃は、夢と希望にあふれた未来のツールという捉え方だった。新しいコミュニケーションツールの出現に、誰もが期待を膨らませていた。

時は流れて、本作でのネットは、匿名の怖さの増幅装置ということになっている。ネットの向こうの見えない大多数は、リアルで会うことのない、それゆえに抑制の効かない不道徳の雲だ。

ネットが普通のものになってみれば、実際にはまあ、そんなに極端なものでもない。悪いところも良いところもある。ただリアルより接点が多いというだけのことだ。


本作ではむしろ、大衆の欲望の危険性の方に目を向けたい。「ハンガー・ゲーム」と同じ。

プレイヤー/ウォッチャーのような選別を迫って善人を焚きつけておいて、その破滅をみんなで眺めて楽しむ、という、よからぬ趣向だ。勝者が1人しかいないルールのもとでは、大多数のプレイヤーが破滅せざるを得ない。そうとわかっていて見て見ぬふりをする視聴者というものの悪意がよく出ている。

最後はプレイヤー側の作戦勝ちでハッピーエンドに収めているけれど、危ういことだという印象は消えない。

妙にリアルな感じがあって尾を引きそう。

|

「アンダーワールド ブラッドウォーズ」

「アンダーワールド」シリーズは、どういう映画であるとかお話はどうとかはどうでもいいの。ただただケイト・ベッキンセイル様のご尊顔を拝するためにのみ行くの。

なにしろ本作は公式サイトさえ検索でひっかからないというくらい、興行側も映画なんかどうでもよくてケイト様だけ見に来い感がひしひしと迫ってくるんですからね。

そんな供給側の不真面目な態度にも関わらずこれがシリーズとして続いているのは、やっぱりケイト様の存在が大きいわけですよ。そのあたりの事情はこちらをご参照あれ。
http://wwptalk.hatenablog.com/entry/2016/09/10/235142
「セリーネが登場する度に、観客は言い知れぬ興奮と期待が交わった、ハイな気分に酔いしれたのです。それはあたかも、ゾンビの集団に襲われる半裸の美女が、すんでのところで助けられる状況に似ています。
セリーネは強くて冷静ですが、「バイオハザード」のアリスほどに完璧ではありません。そこがまた、変態チックな野郎共にはたまらなかったのでしょうね。」

うるさいわ!

さて、ケイト・ベッキンセイル様。御年43歳。やや年齢を感じさせるものの相変わらずの美形。wikipediaによれば、少し東洋の血も入っているとか。ミラ・ジョヴォヴィッチ様に比べて親しみが湧くのは、そういう理由もあるのかも。

そしてスクリーンに映るシャープなシルエット。第1作からほとんど変わらず。これはちょっと他の女優さんには真似できない。

よいなー。かっこいいわ。
これでお話では殺戮鬼であるわけだから、そりゃ観客がM呼ばわりされても、まあ仕方がない。

このシリーズは、セリーンの美貌とスレンダーなシルエットを見せるカットが随所にちりばめられている。本作でも、冒頭の振り返りの中で、はっとするような印象的なカットがある。

そういうところに、作り手側の旦那の愛が込められているのを感じたりもする。これはバイオハザードでも同じ。他の似たような映画との違いを聞かれれば、そこが違うとワタクシは思うわけです。

バイオ・ハザードの方は遂に完結してしまったけど、こちらの方はまだまだ続く予感。今回、解脱してしまったセリーンは最強無敵ぶりに拍車がかかったようだけど、次はさらなる強敵の出現を期待したい。

まさか、娘と戦ったりしないよね?

|

«「人生フルーツ」